子育てしやすい賃貸物件〜エリアと間取りで探してみたらこうなった〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

不本意な異動

新しい学校のことを書かなくてはならないでしょうか。
全く希望しなかった高校への赴任が決まり担任も任されました。
私の中では前任校の校長に対して、怒りにも似た感情があり、なかなかふっ切れることは出来なかったです。
心の整理が出来ていない状態での異動でありました。
生徒に対してはどうにか接し、少しでも成長させてあげたいと思っていたのだが、酒の量が増えても眠れないことが多く、自分の中に拒否反応が現れているのが分かりました。
私は7月に心療内科を受診しました。
受付で他の病院から来たのではないかと疑われたが、病院を色々かえる人もいると言うことであります。
私は初めての受診でドクターにこれまでの経緯を説明しました。
精神安定剤と眠れる薬を処方されました。
授業の前には安定剤を飲まないと授業には行けないような状態でありました。
8月の夏休みもあり、身体を休めるには良かったのであるが、2学期が始まると身体は動かなくなりました。
医者からは休職を勧められました。
診断書を書いてもらい、校長不在の校長室に診断書を置き、次の日から休もうと思っていました。
校長に直接渡すことが出来なかったのは、校長がその時は忙しく捕まえられなかったからでした。
帰宅しようとした時、教頭先生がわざわざ私のデスクに来てくださり事情を説明する機会は設けることが出来ました。
9月の半ばのことであります。
最後の終礼で生徒たちにこう話しました。
私は体調を壊し明日から入院することになりました。
皆さんもお体を大切にして、次の担任の先生に迷惑をかけないようにして下さい、と話した所で、一人の男子がこう言いました。
高血圧に効くようなお菓子を一杯持ってきてやるよ、と投げ捨てるように言いました。
高血圧で入院するものと思っているらしいです。
私はもう後を続けることは出来なかったです。
もう話はやめます。
さようなら、と言って終礼は終わりました。
最後までこんな調子の学校であります。
悔いはなかったです。
部活の生徒だけは今後の話をするために放課後来るように言って、しばらく部活が出来ないことなどを話しました。
私の身体は少しぐらい休んだだけでは治らない身体になっていたのであります。
お酒が悪いお酒になっていました。
いくら飲んでも酔わない、眠れないです。
ドクターはよくここまでもちましたね、と言って、休みが必要です、何もする必要はありません、とにかく休んでください、入院もありえます、と言われ私は素直に従うことにしました。
休んで4ヶ月が経過しました。
少しずつ自分を取り戻して来たようだが、抗うつ薬、安定剤、睡眠導入薬を飲み続けています。
来年度も休むつもりであります。
子供が今年の4月から6年生になるのだが、中学からは私の実家に帰り、下の子には悪いが、引っ越すつもりであります。
この一軒家にあと1年いて、実家に帰ろうと思っています。
賃貸生活にピリオドが打たれるかも知りません。

Copyright (C)2017子育てしやすい賃貸物件〜エリアと間取りで探してみたらこうなった〜.All rights reserved.